« 中間管理職みたいな葛藤 | トップページ | 愚痴っぽくもなる »

事後処理

午後の業務開始時に、上司から室内での業務をやるよう命ぜられたので、夕方に提出しようと思っていた処方箋や診察券を課長に預け、調書を作成されました。

あれこれと8日や熱が出た7日の晩のことを思い出しつつ、課長に報告していると

「それ熱中症じゃね?」

Σ(゜Д゜)

なるほど、これが熱中症というものですか。

水無瀬初体験♡

処方箋を見てもらうと「完全に風邪薬処方してもらってるなあ」と苦笑。

……課長、それは水無瀬が風邪だと思ってドクターにそう伝えたからです。

でも効果は覿面だったなあ……と思いつつ、プラシーボ効果という言葉が頭をよぎります。

これは、もしかして、そういうことですか?

まあでも熱も出てたし喉も荒れ気味だったので実際効くことは効きますわな。

……そういうことで大丈夫ですよね?

水無瀬が自分の体調について把握していなかったことによるニアデス的状況みたいな話ではないdeathよね?

無知ということはげに恐ろしき哉。

そういったお話を水無川淳二がお送りしました。

スリッパ投げないで。

|

« 中間管理職みたいな葛藤 | トップページ | 愚痴っぽくもなる »

不健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事後処理:

« 中間管理職みたいな葛藤 | トップページ | 愚痴っぽくもなる »