« そう、名乗るならばただの酔っ払い | トップページ | 機会が重なって »

二日連続で夜勤はどうかと

本日も夜勤です。

も、という接続詞を用いたのは先日も夜勤だったからです。

父の言に拠れば夜勤というものは翌日にお休み入れないといけないらしいのですが、水無瀬の職場で夜勤といっても日付を跨いだりすることはないので、翌日は朝から仕事だったりすることが普通です。

でも午前中のんびりできるのが夜勤の強み。

午前中乗り切ればあとから割とのんびりできるのが日勤の得なところ。

ですが朝に弱い水無瀬にとっては前者の特典が割と魅力的に映ったりします。

そんなこんなで朝食を食みつつサイト巡回していたところ、叢葦さんからメッセンジャーで呼び出しが。

「アズマ、今日遅番?」

「そうですよ遅番です」

「今日二見の一巻が出るんだが」

「二見? ……ああ、キミキ――」

「シャラップ、アズマ。俺はそんな名など知りもしないし、もとより聞いた覚えも無い」

「相変わらずハードボイルドな人だ」

「そういうわけで二見を買え。ツ○ヤクラスでも一冊しか入荷しないみたいだから、配本たぶん少ないぞ」

「じゃあ仕事行く途中で本屋寄ってみる」

「それが賢明だ」

「だが叢葦さん、今の言には納得できない点が一つだけある」

「なんだ?」

「キミキス一巻は摩央姉のエピソード――つまり、『二見』という呼称にはいささか相違があるのではないかね」

「いや、うまくないから」

「そもそも二見が叢葦さんのものなら摩央姉は水無瀬のものだと、ジュネーブ条約でも保証されているじゃないですか」

「くっ……それは……」

「よって今回は水無瀬にアドバンテージがあるということで、よろしいですか」

「なんだか全く意味が分からんが、今日のアズマは一味違う……」

そんなやり取りを経て仕事に向かう途中の大型書店で平積みのキミキスを苦も無くゲットです。

摩央姉かわいいよ摩央姉(*´Д`)

高校生のくせに幼馴染みを「モテる男にしてあげる」とか背伸びしちゃってもう。

なんて微笑ましいガキ共なんでしょう。

……いや、他意はないですよ?

明日は休みです。よかったぐったりできる。

さて今回はおまけ付きです。

以前行った叢葦さんとのチャットのログを読み返していて、個人的に夕食を吹き出しそうになってしまった部分を抜粋で。

azuma :じゃあ……シャワー貸してね……

叢葦 :さっさとあびろよ

azuma :覗かないでよ

叢葦 :さっさと済ませろ

azuma :背中のジッパーには触れないで下さい

叢葦 :中身がはみ出すからな

azuma :さらにジッパーが出てくるからな

azuma :開けても開けてもジッパーですよ

叢葦 :それなんて名前だっけ?

azuma :ジップロック

叢葦 :ロシアがキーワードだった気がするんだが

azuma :ジ○プロック

叢葦 :かわんねぇよ

叢葦さんの部屋で飲み会した翌日にアキバに行こうという話になったときのやり取り。

水無瀬のバカっぷりと妙なテンポのよさが何故かツボにはまりました。

……いや、自分が面白いだけだからいいんです。

|

« そう、名乗るならばただの酔っ払い | トップページ | 機会が重なって »

不健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二日連続で夜勤はどうかと:

« そう、名乗るならばただの酔っ払い | トップページ | 機会が重なって »