« 御礼仕る | トップページ | カフェインと空飛ぶ風船 »

妄想妄言の類

こんばんは。サヴァン症候群から人より優れた部分だけを抜き取った感じの水無瀬アズマです。

ふと、考えたのですが。

10代が人を殺したり傷つけたりすれば、「今の10代はおかしい」という論調になるが、川崎市のマンション事件以降「今の40代は~」という風潮にならないのは、何故か。

若かろうがご年配だろうが、犯罪者は犯罪者で、非常識は非常識だという論調が見受けられないのはなぜか。

感覚的な推察の域を出ないが、節分の源流といわれる「追儺」という祭りでは、民衆が租税や飢饉への怒りを、社会的弱者を鬼と見立て、うさを晴らすということがあったようで。

要するに、そういうことじゃないかと、思う。

今の大人たちは、本来守るべきである立場の子供を、「追儺の鬼」に仕立て上げようとしているのではないか。

それはやはり子供たちが社会的弱者である、という前提に立った思考ではある。

その結果、子供たちは経済的には大人を頼るほかないが、しかし精神的な面で、大人を必要としないように子供たち独自の社会性を確保していったようにも思う。

とはいえ、このブログは社会性とはまったくもって縁のないポジションであるから、解決法なんか各々で勝手に考えて欲しい。

人の意見を借りてしか物が言えないような大人がおおいから、そもそもこんなことになるんじゃないかと割と苛ついている。

それが悪いことかどうかは、個人的な怒りとはまったくの別問題だけれど。

それはさておき、本日「お墓の費用は皆で出し合うのか」というフレーズでここに流れてきた方がいらっしゃるようで。

……もうここまでくると、みんなの求めることが何か分からない。

|

« 御礼仕る | トップページ | カフェインと空飛ぶ風船 »

不健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想妄言の類:

« 御礼仕る | トップページ | カフェインと空飛ぶ風船 »