« 気が抜けたのかもしれない | トップページ | 久しぶりふたつ »

療養四日目

やってしまった

コバワ(゜Д゜)!!やっちまった水無瀬アズマです。

何をやってしまったかと言いますと

プロット

まずは順序だてて説明するために、結論から申し上げておきます。

プロット上がってないのに書き始めちゃいました♡

早めに釘を刺して起きますがくれぐれもトマトとか投げ痛い赤い。

さておき。

最近こんな話ばかりで申し訳ないのですが、本日も風邪が完治しておりませんのですよ。

となると当然昨日も寝込んでずひーずはー言ってたわけですよ。

早く体調を治したいから昼間に寝るじゃないですか。

となると夜中眠れなかったりしても不思議はないじゃないですか。

……ご多聞にもれなかったんですよ。

11時頃に諸々の用事を強引に終えて床に就いたんですけど、目が冴えてちっとも眠れなかったのです。

カフェイン摂ってもあれだけ眠れなくなったことなんてないのに。

かの井上陽水御大も「昼寝をすると夜中に眠れないのはどういうわけか」と憤慨なさっておいでじゃないですか。

んで、ベッドに腰掛けてあれこれと思案に耽るうちに、書き出しとか思いついたりするじゃないですか。

書いてみたくなるじゃないですか。

なんというか、ごめんなさい。

(以上言い訳終了 1RTKO)

プロットしっかり作ったほうが作業ペースが安定すると思うので、しっかり作ってから本格的に書きます。

しかしそのプロットに時間掛かってたらどうしようもないですわな、と小説神の言うところ。

もう10話掲載してから一ヶ月近く経つんですよね……(((;゜Д゜)))

しかし日がな一日布団に潜っていて思うのですが、ラジオや音楽中心の生活というのはこういうときに退屈しないのだなあ、と思うことしきり。

寝転がって視界に入るものといえば天井といった環境で、しかし退屈しないというのは、それなりに贅沢な生活スタイルであるようにも思えてくるのですが。

ふとCDを聞いていて、

うちあけようか 寂しさは友達なんて

強がり言ったけど

Kタイ電話に 愛をつめこんで

君に会いに行こう

(「SILKの雨」REAL BLOOD)

というフレーズに、不覚にも胸の奥を深く抉られてしまいました。

ともすれば霞を捕食しているんじゃなかろうか、と思われかねないひとり上手にさえ、そんな人並みの感覚が残っていたのだなあ……と感慨深いものがありました。

なにその可哀相なものを見る目。

|

« 気が抜けたのかもしれない | トップページ | 久しぶりふたつ »

不健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 療養四日目:

« 気が抜けたのかもしれない | トップページ | 久しぶりふたつ »