« 求められるものと実力の差 | トップページ | 風来坊 »

hazy maze

どうもこんばんは。エストロゲンの権化こと水無瀬アズマです。

どのくらいエストロゲっているかというと、上から88・56・85ってくらいです。

今日は桃の節句だしね。

あられをぶつけて「鬼は外」だからね。

関係ないですが、当ブログでは管理人への投擲これを一切禁止としているので、何か頭に来るようなことが書いてあってもトマトとか投げ痛い赤い。

さて、そんないつもの調子でお送り致しますが

本日「ミルナの禁忌」という小説を読了しました。4年ほど前に「多重人格探偵サイコ」のノベライズにはまって買い漁っていたときにこのタイトルの広告が挟まっていた記憶がおぼろげに残っており、それから本屋を渡り歩いていたのです。

そんでもって一昨年見つけたんですけど。

あまりにグロテスクな描写が並べ立てられているので、なかなか読み進めることが出来ずに少しずつ攻略していった作品なのです。

著者は漫画家の白倉由美さんらしいのですが、「サイコ」を読んでいる水無瀬には人名とか作品中の表現とかが大塚英志に似ている気がするので、一度意識し始めたら気になって仕方がなくなってしまいまして。

しかもこの方、映像版「サイコ」にもダイアローグライターとして参加されているらしいのです。

水無瀬は寡聞にして存じ上げないのですが「ダイアローグライターって何する人よ」と。

「もしかしたら白倉由美名義で大塚英志が書いているのではなかろうか」と邪推しながら楽しんだ一冊です。大塚英志の文章が好きな人は楽しめると思います。

抽象的な表現と過剰なグロテスク、破滅的なまでに美しい風景描写が入り混じって展開する文章に腰を据えて立ち向かってみてはいかがでしょうか。

水無瀬は職場に持っていって昼休みとかに読んでいたんですよ。

ハードカバーで400ページ近くある辞典みたいな小説を。

書泉ブックタワーで買ったので、アルファベットで「SHOSEN」って入った黒いカバーが掛けられております。

何故ハードカバーに無理矢理ブックカバーなど掛けていただいたのかと申しますとですね、

ホワイトロリータの少女がベッドに横たわる画に「禁忌」って文字が入ってるんですよ。

そんな表紙見られたら人格疑われますわな。

ペドかと。

ペドでネクロな趣味をお持ちなのかと。

光源氏になりたくねえ」の著者かと。

またしばらくは押入れの中の小説を読み返して過ごすことになりそうです。

図書カード欲しいなあ。5000円くらいの。

……願わくばそれ以上の。

|

« 求められるものと実力の差 | トップページ | 風来坊 »

不健康」カテゴリの記事

コメント

いや、ロリじゃないからw
普通にお姉さん好きだから。
普通かどうかは置いておくとして、そこんとこよろしく。

投稿: 叢葦 | 2006年3月 3日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: hazy maze:

« 求められるものと実力の差 | トップページ | 風来坊 »