« 天気と感想と感謝を雑然と並べただけですが日記という言葉を用いればそんなとりとめのない文章でも何か共通性がみえてくるようで不思議ですねということにしておいてほしい今日この頃 | トップページ | 不死鳥の如き復活(ふたつの意味で) »

キリ番っぽいこと提案してみても悉く野望が潰えていくさまにはむしろ感慨深いものさえ感じる秋の夜

こんばんは、水無瀬アズマです。

さてさて、以前にも申し上げましたが

オーメン踏んだのだーれだ?

はい、僕です(TOT)/

0196636 証拠もほら、この通り。

いやまったく……本当に……運が悪いというか何というか……

400や500、600だけでなく無理矢理にもオーメン(666)とかキリ番っぽいことやってみてもすべて自ら踏むという偉業を達成したわけですが

もうなんか自分から洗濯物を庭に放り投げるような蹂躙っぷりですよ

それはさておき。本日MistySpellを更新いたしました。

小椋叢葦の小説「近すぎる距離」第三話をお楽しみ頂きたい。

水無瀬は……もうちょっと……待ってください……

それと相方に倣い「MistySpell」のカテゴリーを追加しました。ホームページ関係の報告はこちらからご覧になれます。

|

« 天気と感想と感謝を雑然と並べただけですが日記という言葉を用いればそんなとりとめのない文章でも何か共通性がみえてくるようで不思議ですねということにしておいてほしい今日この頃 | トップページ | 不死鳥の如き復活(ふたつの意味で) »

MistySpell 活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリ番っぽいこと提案してみても悉く野望が潰えていくさまにはむしろ感慨深いものさえ感じる秋の夜:

« 天気と感想と感謝を雑然と並べただけですが日記という言葉を用いればそんなとりとめのない文章でも何か共通性がみえてくるようで不思議ですねということにしておいてほしい今日この頃 | トップページ | 不死鳥の如き復活(ふたつの意味で) »